大洲領總鎮守 八幡神社 トップページ > ›
大洲を見守る鎮守の杜

八幡神社は、大洲市郊外、肱川沿いの阿蔵の杜に鎮座する神社です。江戸時代は大洲領6万石の総鎮守として歴代藩主の崇敬を受け、大洲領内の人々の信仰を集めてきました。元禄11年(1698年)再建の社殿は、大洲藩主、御家来衆、大洲領民がそれぞれ費用を出し合い造営されたといわれています。大洲に住むすべての人の力で建てられたお社は、今もなお「八幡さん」として地域の人々に親しまれています。

由緒・御祭神
初宮詣 等
平成27年度の厄除のご案内
境内案内
交通案内
大洲雅楽同好会のご案内
御幸神保存会について

新着情報

八幡神社ブログ